トイレのつまり対処法

Pocket

トイレのつまりには「水が溢れる」「流れない」といった状態があります。アパートなどでは階下の部屋にも影響がでるなど、放置すると悪化して自宅の被害だけでは収まらない場合もあります。トイレのつまりは早い段階で適切な対処をすることが大切です。

トイレットペーパーつまりの対処法は原因によって異なるので原因の特定が肝心です。水位が下がる時や水が逆流して音が出る時のつまりの原因は、汚物や大量のトイレットペーパーなどが考えられます。自分で出来る対処法はお湯や重曹とお酢で溶かす方法や、スッポンやワイヤーの使用です。水が溢れる、完全に流れない時の原因は、固形物が排水管を塞いでいる事や大量の汚物やトイレットペーパーなどが考えられます。自分で出来る対処法はワイヤーやラバーカップなどです。

自分で対処する時は注意点を守らないと被害が拡大する恐れがあります。トイレは陶器なので熱湯を使うと割れる事があるため50度前後のお湯にします。固形物にお湯を使うと奥へ押し込む事があるので使用しません。重曹とお酢を使う場合は水を取り除いた後で、先に重曹から入れないと効果が薄くなります。ワイヤーは無理に押し込んで排水管や便器を傷つけたり、異物を奥に押し込んだりしない様に注意が必要です。

原因の特定が困難な時や固形物が詰まっている時は、間違った対処法や無理をして悪化させる前に業者へ依頼するという対処法を取りましょう。水位が下がらない時は完全に排水管が塞がっている可能性があるので自分で対処が難しい事があります。

原因の特定や対処に不安を感じたら業者へ依頼することも大切です。このサイトでは原因ごとの対処方法注意点について説明します。