対処の注意点

Pocket

トイレ自分で出来るトイレのつまりの対処法には様々な注意が必要です。注意点を把握して対処しないと被害が拡大する事もあります。どの様な注意点があり、どの様な状況で業者へ依頼して対処すればいいのでしょう。

お湯を使用する場合、温度とつまりの原因に注意が必要です。便器は陶器で出来ているので熱湯を使うと割れる事があります。50度前後のお湯を使用しましょう。固形物に使用すると奥へ押し込んでつまりを悪化させる事があるので、トイレットペーパーなどの紙類と汚物にのみ使用しましょう。

重曹とお酢を使う場合、使用する順番とお湯の温度に注意が必要です。重曹から入れないと効果が落ちてしまいます。水が溜まっている時は、多少取り除いてから作業することで、奥まで浸透しやすくなります。

ワイヤーを使う場合、無理に押し込み便器や排水管を傷つけたり、異物を押し込んだりしない様に注意が必要です。作業中に水が飛ぶ事を防ぐため、便器内の水を取り除いて作業しましょう。

原因が分からない場合や固形物である場合、水位が下がらない場合などは業者へ依頼しましょう。つまりの原因が不明なまま間違った対処をするほか、固形物を取ろうとして更に奥へ押し込むなど、自分で対処すると状況が悪化する事があります。水位が下がらない場合は排水管と異物の間に隙間が無く、深刻なつまりの可能性があります。不安な場合は被害を拡大させる前に業者へ依頼する事も大切な対処法です。