原因ごとの対処法

Pocket

トイレつまりの対処法はつまりの原因によって異なります。対処するためにはつまりの原因を特定することが大切ですが、トイレ内部は見えないので確実な特定は困難です。しかし、症状から原因を絞り込むことはできるので対処する時の参考にしましょう。

ラバーカップ便器内の常に水が溜まっている部分の水がゆっくりとひいて、水位が下がる場合のつまりの原因は、汚物やトイレットペーパー、紙類などが考えられます。自分で行える対処法は、水をすくってから50度前後のお湯を流して汚物などをふやかして流れやすくする方法や、重曹とお酢で溶かす方法、ラバーカップやスッポンの使用などです

水が逆流して音がでる場合のつまりの原因は、徐々に水位が下がる時より大量のトイレットペーパーや汚物、流せる掃除用品などが考えられます。自分で行える対処法は、お湯や重曹とお酢で溶かす方法や、スッポンやワイヤーの使用です

水が完全に流れず便器から溢れる場合のつまりの原因は、洗剤のキャップなど固形物が排水管を完全に塞いでいる事や、汚物や大量のトイレットペーパーが塊となって蓄積している事などが考えられます。自分で行える対処法は、ラバーカップやワイヤーの使用です。

トイレのつまりは原因によって様々な対処法があります。自分で出来る対処法もありますが、難しいと感じたら無理をせずに業者へ依頼する対処法をとりましょう。最後に対処する際の注意点について説明します。