対処の注意点

トイレ自分で出来るトイレのつまりの対処法には様々な注意が必要です。注意点を把握して対処しないと被害が拡大する事もあります。どの様な注意点があり、どの様な状況で業者へ依頼して対処すればいいのでしょう。

お湯を使用する場合、温度とつまりの原因に注意が必要です。便器は陶器で出来ているので熱湯を使うと割れる事があります。50度前後のお湯を使用しましょう。固形物に使用すると奥へ押し込んでつまりを悪化させる事があるので、トイレットペーパーなどの紙類と汚物にのみ使用しましょう。

重曹とお酢を使う場合、使用する順番とお湯の温度に注意が必要です。重曹から入れないと効果が落ちてしまいます。水が溜まっている時は、多少取り除いてから作業することで、奥まで浸透しやすくなります。

ワイヤーを使う場合、無理に押し込み便器や排水管を傷つけたり、異物を押し込んだりしない様に注意が必要です。作業中に水が飛ぶ事を防ぐため、便器内の水を取り除いて作業しましょう。

原因が分からない場合や固形物である場合、水位が下がらない場合などは業者へ依頼しましょう。つまりの原因が不明なまま間違った対処をするほか、固形物を取ろうとして更に奥へ押し込むなど、自分で対処すると状況が悪化する事があります。水位が下がらない場合は排水管と異物の間に隙間が無く、深刻なつまりの可能性があります。不安な場合は被害を拡大させる前に業者へ依頼する事も大切な対処法です。

原因ごとの対処法

トイレつまりの対処法はつまりの原因によって異なります。対処するためにはつまりの原因を特定することが大切ですが、トイレ内部は見えないので確実な特定は困難です。しかし、症状から原因を絞り込むことはできるので対処する時の参考にしましょう。

ラバーカップ便器内の常に水が溜まっている部分の水がゆっくりとひいて、水位が下がる場合のつまりの原因は、汚物やトイレットペーパー、紙類などが考えられます。自分で行える対処法は、水をすくってから50度前後のお湯を流して汚物などをふやかして流れやすくする方法や、重曹とお酢で溶かす方法、ラバーカップやスッポンの使用などです

水が逆流して音がでる場合のつまりの原因は、徐々に水位が下がる時より大量のトイレットペーパーや汚物、流せる掃除用品などが考えられます。自分で行える対処法は、お湯や重曹とお酢で溶かす方法や、スッポンやワイヤーの使用です

水が完全に流れず便器から溢れる場合のつまりの原因は、洗剤のキャップなど固形物が排水管を完全に塞いでいる事や、汚物や大量のトイレットペーパーが塊となって蓄積している事などが考えられます。自分で行える対処法は、ラバーカップやワイヤーの使用です。

トイレのつまりは原因によって様々な対処法があります。自分で出来る対処法もありますが、難しいと感じたら無理をせずに業者へ依頼する対処法をとりましょう。最後に対処する際の注意点について説明します。

トイレのつまり対処法

トイレのつまりには「水が溢れる」「流れない」といった状態があります。アパートなどでは階下の部屋にも影響がでるなど、放置すると悪化して自宅の被害だけでは収まらない場合もあります。トイレのつまりは早い段階で適切な対処をすることが大切です。

トイレットペーパーつまりの対処法は原因によって異なるので原因の特定が肝心です。水位が下がる時や水が逆流して音が出る時のつまりの原因は、汚物や大量のトイレットペーパーなどが考えられます。自分で出来る対処法はお湯や重曹とお酢で溶かす方法や、スッポンやワイヤーの使用です。水が溢れる、完全に流れない時の原因は、固形物が排水管を塞いでいる事や大量の汚物やトイレットペーパーなどが考えられます。自分で出来る対処法はワイヤーやラバーカップなどです。

自分で対処する時は注意点を守らないと被害が拡大する恐れがあります。トイレは陶器なので熱湯を使うと割れる事があるため50度前後のお湯にします。固形物にお湯を使うと奥へ押し込む事があるので使用しません。重曹とお酢を使う場合は水を取り除いた後で、先に重曹から入れないと効果が薄くなります。ワイヤーは無理に押し込んで排水管や便器を傷つけたり、異物を奥に押し込んだりしない様に注意が必要です。

原因の特定が困難な時や固形物が詰まっている時は、間違った対処法や無理をして悪化させる前に業者へ依頼するという対処法を取りましょう。水位が下がらない時は完全に排水管が塞がっている可能性があるので自分で対処が難しい事があります。

原因の特定や対処に不安を感じたら業者へ依頼することも大切です。このサイトでは原因ごとの対処方法注意点について説明します。